通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 天文学 > 天体 > 固有名詞 > 恒星 > 冬の星座 > オリオン座
トラペジウム
辞書:科学用語の基礎知識 天文学天体名編 (USTLN)
読み:トラペジウム
外語:Trapezium
品詞:固有名詞

M42(オリオン大星雲)の中央付近にある散開星団。距離は1,500光年。

目次
概要

明るい4重星が目印で、トラペジウムはラテン語で台形や不等辺四辺形を意味する。

バイエル符号ではオリオン座θ星とされるが、実際には直径20光年程度の星団で、2000個程度の恒星褐色矮星があるとされている。

明るい4星については赤経順にA・B・C・Dと符号が付けられている。

特徴

この星団の天体はM42の中で生まれたばかりの若い星々であり、多くの恒星に原始惑星系円盤が確認され、惑星が誕生するところも観測されている。

また高速で移動する暴走星の存在も確認されているが、太陽質量の100倍以上の中間質量ブラックホールが存在するとする仮説があり、星団内の星の速度が大きく異なることの説明するものとなっている。

リンク
用語の所属
散開星団
オリオン座
オリオン座θ星
M42
関連する用語
褐色矮星

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic