通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 化学 > 現象・反応・性質 > 分子生物学 > 酵素
トリプシン
辞書:科学用語の基礎知識 化学物質名・生体物質編 (NSUBNBL)
読み:トリプシン
外語:Trypsin
品詞:名詞

蛋白質分解酵素膵臓で前酵素トリプシノーゲンとして合成され、膵管十二指腸に流れ、ここで胆汁と混合して活性化され蛋白質分解酵素トリプシンとなる。

胃液中の胃酸消化酵素(ペプシン)によって小さく分解された蛋白質を、更に小さなペプチドに分解する働きをする。

リンク
物質の特徴
膵液
酵素
関連する器官
膵臓
関連する物質
胆汁

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic