通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 医学 > 薬学 > 用語/俗語 > 違法薬界の俗語
ドラッグ
辞書:科学用語の基礎知識 薬学・用語編 (BPHAR)
読み:ドラッグ
外語:drug
品詞:名詞

薬物、薬品。俗語として、乱用薬物をドラッグという。

目次
概要

乱用薬物としては、覚醒剤麻薬がよく知られる。麻薬は医学分野で鎮静剤として用いるほか、宗教や魔術における祈祷などに用いることもある。

煙草コーヒーチョコレートアルコール(酒)などは薬効としてはドラッグであるが、嗜好品として用いられており、違法性はない。大麻などは日本では違法だが、嗜好品と実害は殆ど変わらないことから、合法化される国が増えつつある。対してヘロインやLSDなどは効果が強く、日本でも違法である。

但し、一言でドラッグといってもその効果は千差万別で、全てのドラッグはそれぞれ異なる生理機序で作用する。ゆえに穏やかな効果のものもあれば、強い効果のものもある。

特徴
効能

ドラッグユーザーの隠語として、コカインや覚醒剤などの気分の高揚をもたらすものをアッパー(またはアップ系)といい、モルヒネやヘロイン、催眠鎮静剤、アルコールなどの麻酔効果があるものをダウナー(またはダウン系)という。

法で規制されないドラッグをリーガルドラッグ(合法ドラッグ)、法で規制されるドラッグをイリーガルドラッグ(違法ドラッグ)という。日本では、医療品としてのみ用いるべき,と考えられている薬物を一般で用いないようにするため、麻薬・覚せい剤取締法が出来た。

ドラッグには依存性耐性というものがある。辞めるとイライラしたりする精神依存性、辞めると体が痛くなったり発熱したりする身体依存性、そして使用しているうちに効果が出るまでの量(有効量)が増えてしまう耐性である。耐性が致死量を超えてしまうと危険である。

主なもの
リンク
関連する用語
ドラッグカクテル
精製ドラッグ
半合成ドラッグ
合成ドラッグ
ナチュラルドラッグ
アナログ (ドラッグ)
依存性
耐性
禁断症状

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic