通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 電気 > 強電(電源) > 電力 > 配線 > 電設資材 > 器具
ナイフスイッチ
辞書:科学用語の基礎知識 電気工事編 (NPOWC)
読み:ないふすいっち
品詞:名詞

ナイフ状(板状)の電極=刃を、刃受となる電極にレバー操作で差し込むことで開閉(入切)をするスイッチ

概要

最も古典的なスイッチである。

感電の危険があるため日常ではあまり使われることがなくなったが、一度に3回路または4回路を開閉できるため、単相3線式または三相4線式の回路の開閉に使用されている。

開閉のさい、中性線(接地線)は最初に接触し最後まで接触している必要がある。このため、中性線用の刃は他より大きめに作られており、閉じる(入れる)時は先に中性線が接触し、開く(切る)時は最後に中性線が切れるようになっている。

リンク
用語の所属
スイッチ

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic