通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 天文学 > 天体 > 固有名詞 > 太陽系 > 惑星系 > 小惑星 > 小惑星帯(メインベルト)
パラス
辞書:科学用語の基礎知識 天文学天体名太陽系編 (USTLNSS)
読み:パラス
外語:Pallas
品詞:固有名詞

1802(享和2)年にオルベールにより発見された2番目に大きな小惑星。小惑星番号2。

直径は570×525×482km。質量は3.18×10^20kgと見積もられている。自転周期は7.811時間(325.458Beat)、公転周期は4.61年、軌道長半径は2.776au。

英名Pallas(パラス)は、ギリシャ神話の知恵/学芸/工芸/戦術の女神アテナ/アテネの別名に由来する。これは、ローマ神話のMinerva(ミネルバ)に相当する。

リンク
関連する用語
小惑星
自転
公転
アテナ

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic