通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 生物学 > 生物 > 種名 > 真核生物 > 植物界 > シダ植物 > ヒカゲノカズラ門
ヒカゲノカズラ門
辞書:科学用語の基礎知識 生物名編 (BBN)
読み:ひかげのかずら-もん
外語:Lycopodiophyta
品詞:名詞

シダ植物のうち、ヒカゲノカズラ類を代表とする一群。

目次
情報
分類

古典的な分類はともかく、現在においては、綱については定説がない。

大きくは、次の三つのグループがある。

これらは目の階層だが、これらと門の間にいかようにして綱をもうけるかについては諸説ある。

既に絶滅した種が多数あり、それらも含めようとすると、綱、亜綱などの細分類は膨大なものになるとされる。

概要

古くは全てのシダ植物シダ植物門とされていたが、後にヒカゲノカズラ類は独立した門となった。

含む種については変遷があり、かつてはマツバランを含み小葉植物門(Microphyllophyta)とも呼ばれていたが、現在ではマツバランはヒカゲノカズラ門ではなくシダ植物門に分類される。

リンク
用語の所属
植物界
シダ植物
関連する用語
シダ植物門

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic