通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 物質・粒子 > 種類・名称 > 粒子 > 複合粒子 > ハドロン > バリオン
ペンタクォーク
辞書:科学用語の基礎知識 素粒子・名称編 (NPARTN)
読み:ペンタクォーク
外語:pentaquark
品詞:名詞

クォークと反クォーク合わせて5個からなるバリオン。現時点では、明確な存在が確認されていない素粒子である。

目次
概要

通常存在する、バリオンはクォーク3個、中間子はクォークと反クォークの対で構成される。

対して、ペンタクォークの場合は、クォークと反クォークが合わせて5個で構成される。

ペンタクォークはバリオンであるため、クォークと反クォークの数はバリオン数が1になる条件が求められる。クォーク5個という条件内では、クォーク4個と反クォーク1個のみが許される。

特徴

まず最初に存在が予言されたものが、Θ+粒子だった。

Θ+粒子は「uudd ̄(s)」で構成されると言われており、ここからバリオン数ストレンジネスは共に+1であることが分かる。

これは理論物理学者ドミトリー・イゴーレビッチ・ディヤコノフらにより予言されたものの、未だ明確な存在が確認できていない。2003(平成15)年7月に大阪大学核物理研究センターがSPring-8を使いそれらしき粒子を発見したと発表したが、追試には成功していない。

またΘ+粒子以外にも理論上は有り得るが、それらもまだ発見や存在の予言などはなされていない。

リンク
用語の所属
素粒子
バリオン

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic