通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 物質・粒子 > 種類・名称 > 粒子 > 複合粒子 > ハドロン
ハドロン
辞書:科学用語の基礎知識 素粒子・名称編 (NPARTN)
読み:ハドロン
外語:hadron
品詞:名詞

物質の元となる複合粒子で、クォークによって構成されているもの。

目次
概要

クォークの数によって幾つかに分けられる。

クォーク4個以上のものは特殊なもので、現時点で明確に存在が肯定されていない。以下では、特に注記しない場合は4個以上のものは含めない。

種類
分類

複合粒子であるハドロンも、素粒子と同様にボース粒子(ボソン)とフェルミ粒子(フェルミオン)の二種類に分類することが出来る。

簡単には、中間子がボース粒子であり、バリオンがフェルミ粒子である。

種類

ハドロンは、約500種類が知られており、それらはクォークが2個または3個で構成されている。

リンク
用語の所属
物質
複合粒子
関連する用語
クォーク
レプトン
ゲージ粒子
反ハドロン

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic