通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 物質・粒子 > 種類・名称 > 粒子 > 素粒子
ボース粒子
辞書:科学用語の基礎知識 素粒子・名称編 (NPARTN)
読み:ボースりゅうし
外語:bose particle
品詞:名詞

ボース・アインシュタイン統計に従う粒子の俗称。ボソン、ボゾンともいう。

目次
概要

ボース粒子のスピン量子数は整数である。パウリの排他原理が適用できない。

対するフェルミ粒子と違い、1状態に幾らでも入ることができる。

これに対して、スピン量子数が半整数であるものをフェルミ粒子(ボソン)という。ボース粒子とフェルミ粒子の違いは、スピンである。

特徴
一覧

素粒子複合粒子のうち、ゲージ粒子の全てと、ヒッグス粒子、およびハドロンの一部がボース粒子である。

反粒子

電荷などの性質が正反対になった粒子を反粒子という。


ゲージ粒子

ゲージ粒子にも反粒子の概念は存在する。

光子とグルーオンについては、粒子と反粒子は同一である。

ウィークボソンは、W+の反粒子はWだが、Zボソン(Z0)の反粒子はZボソン自身であり同一である。

重力子(グラビトン)は、存在は予言されているが現時点ではまだ見つかっていない。従って、反粒子の存在も同様にして不明である。


中間子

各電荷を持った中間子には、それぞれ電荷が逆になった中間子がある。

なお、電荷が中性となる中間子は、粒子と反粒子が同一である。これは、あるクォークとその反クォークから構成されるためで、互いを入れ換えても変わらないためである。

超対称性粒子

既存の素粒子に対し、スピン量子数が1/2ずれた素粒子を超対称性粒子という。

まだ発見されていないが、全てのフェルミ粒子にはスピンが1/2ずれてボース粒子となった未知の超対称性粒子があるとされる。

リンク
関連する用語
パウリの排他原理
フェルミ粒子

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic