通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 天文学 > 天体 > 固有名詞 > 恒星 > 超巨星
自然科学 > 地学 > 天文学 > 天体 > 固有名詞 > 恒星 > 春の星座 > こぐま座
ポラリス
辞書:科学用語の基礎知識 天文学天体名編 (USTLN)
読み:ポラリス
外語:Polaris
品詞:固有名詞

こぐま座α星(αUMi)。"極の星" の意。現時点で北極星である。1950年頃には点の北極から1°の距離があったが、歳差運動によって次第に極に近づいており、2102(令和84)年に27.6′まで接近した距離となる。

カタログ番号HD8890、HR424。

位置は2000年分点で赤経02h 31.8m、赤緯+89°16′。距離は430光年。実視等級2.01等、絶対等級-3.6等、輻射絶対等級-3.8等。スペクトルF7:Ib-IIv型の白色超巨星で、表面温度は6200K、半径は太陽の45倍。

視線速度の変化から不可視伴星を伴う連星系であると考えられている。伴星は公転周期30.46日で公転している。

リンク
関連する用語
北極星
こぐま座
不可視伴星
連星

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic