通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 天文学 > 天体 > 固有名詞 > 恒星
北極星
辞書:科学用語の基礎知識 天文学天体用語編 (USTLY)
読み:ほっきょくせい
外語:polestar
品詞:名詞

天の北極に最も近い、明るい恒星のこと。

目次
概要

現在、最も天の北極に近い、明るい恒星は、こぐま座のα星ポラリスである。

ただし地球歳差運動により天の北極はゆっくり移動しており、約2万6000年周期で一巡すると試算されている。このため、数千年の単位で該当する星は変化している。

特徴
現状

天の北極周辺は比較的明るい星が多いため、候補となる星はたびたび変わる。

変遷

過去から未来に渡り、次のような変遷があった/ある。

リンク
用語の所属
天球
関連する用語
歳差運動
南極星

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic