通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 医学 > 薬学 > 薬剤 > 成分・薬効分類 > 感覚器官用薬(13) > 眼科用剤(131)
メチル硫酸ネオスチグミン
辞書:科学用語の基礎知識 薬学・一般薬編 (BPHARI)
読み:メチルりゅうさんネオスチグミン
外語:NEO: Neostigmine Methylsulfate
品詞:名詞

目のピント調節機能改善剤。

目次
物質の情報

分子式C13H22N2O6S、分子量334.39。融点145℃〜149℃。CAS番号51-60-5。

化学名(命名法): N-(3-Dimethylcarbamoyloxyphenyl)-N,N,N-trimethylammonium methyl sulfate.

メチル硫酸ネオスチグミン
メチル硫酸ネオスチグミン

常温常圧乾燥下では白色の結晶性粉末で無臭。

に極めて溶けやすく、アセトニトリルまたはエタノール(95)に溶けやすい。

物質の特徴
薬効薬理

目の調節機能を活発にし機能を改善させ、目の疲れや目の霞みを回復させる働きを有する。

規制区分

特になし。

安全性

危険性

有害性
リンク
用途
点眼薬

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic