通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 物質・粒子 > 用語 > 質量数・式量
モル
辞書:科学用語の基礎知識 科学編 (NSCI)
読み:モル
外語:mol
品詞:名詞,単位助数詞

国際単位系における物質量の単位。記号はmol

目次
概要

現在では、物理定数の一つ、アボガドロ定数によって定義される。

変遷
当初の定義

SIでは、当初は次のように定義していた。

0.012キログラムの炭素12に含まれる原子と等しい数の要素粒子を含む計の物質量

つまり、核種12Cのモル質量は12g/molであり、この系に含まれる原子の数はアボガドロ定数に等しい。

これにより定義されるモルを用いると、1molの核種12Cは12g、と表わすことが可能となる。

定義が核種12に依存していることはともかくとして、モルはキログラムと関連付けられていた。しかしキログラムの定義変更にあわせ、これも定義が変更された。

新定義

国際単位系SIでは、不確かさがあったアボガドロ定数を正確にNA=6.02214076×1023 mol−1と再定義した。

これによって、核種12Cやキログラムの定義とは無関係に、単純な定義値(定数)によってモルは再定義されることになった。

特徴
モル質量

分子を作るものは分子量、そうでないものも構成する元素の原子量の総和(式量)の後にグラム(g)を付けると、その物質量は1molとなる。

例えば、酸素分子の分子量は32.0であるので、1molの酸素分子は32.0gである。

分子を作らないもの、例えば塩化ナトリウムの式量は58.44であるので、1molの塩化ナトリウムは58.44gである。

それぞれ、モル質量として、32.0g/molや58.44g/molと表わすことができる。

1mol

例えば1molの水素(H2)は約2gであり、約6.02×1023個の水素分子からなり、1atm、0℃(273.15K)では22.4Lを占める。

1molの酸素(O2)は約32gであり、約6.02×1023個の酸素分子からなり、1atm、0℃(273.15K)では22.4Lを占める。

1molの水(H2O)は約18gであり、約6.02×1023個の水分子からなる。水蒸気であれば1atm、0℃(273.15K)では22.4Lの気体体積となり、液体であれば約18mLになる。

リンク
用語の所属
国際単位系
関連する用語
アボガドロ定数
物質量
mol/L

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic