通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 電気 > 弱電(電子回路) > 部品 > コイル
技術・工学 > 電気 > 電気工学 > 単位
リアクタンス
辞書:科学用語の基礎知識 電子用語編 (NELECY)
読み:リアクタンス
外語:reactance
品詞:名詞

誘導抵抗。交流回路におけるコイルコンデンサーでの電圧電流の比。

目次
概要

インダクタンスL、静電容量Cを含む交流回路において、これらの電気抵抗としての効果を示す値で、インピーダンス虚数部分。

単位はΩ。記号はX。

特徴
誘導性/容量性

リアクタンスが正ならば誘導性リアクタンス、負の値ならば容量性リアクタンスとなる。

それぞれ電流の位相の進みと後れに対応する。

計算

ω=角周波数(ω=2πf、π:円周率、f:周波数)としたの時、誘導性リアクタンスXLと容量性リアクタンスXCは、次の式で求められる。

XL = ωL [Ω]

XC = 1/ωC [Ω]

ここで例えば、あるコイルに100[V] 50[Hz]を加えた時6[A]の電流が流れた時、100[V] 60[Hz]を加えた場合の電流はいくらか、という問題があったとする。コイル自体の抵抗値は無視すると、この場合は誘導性であれ容量性であれ、リアクタンスを求める変数は周波数fのみの関係となる。つまり、6[A]×50/60=5[A]であるため、答えは5[A]を求めることができる。

リンク
関連する用語
誘導性リアクタンス
容量性リアクタンス
交流
インピーダンス

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic