通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 半導体 > 集積回路 > MPU > 設計
ワイヤードロジック
辞書:科学用語の基礎知識 半導体用語編 (IYIC)
読み:ワイヤード-ロジック
外語:wired logic
品詞:名詞

マイクロプロセッサー内部処理の種類の一つ。命令処理を直接論理回路に通して行なう方式。

概要

通常、マイクロプロセッサーの内部処理方法は二通りしかなく、一つはマイクロプログラムで実行する方法、もう一つはこのワイヤードロジックで実行する方法である。

ワイヤードロジックで実行する方法は、複雑な処理を行なわない小規模なプロセッサーや、特に高速性を要求される場合に採用される。例えばRISCなどではワイヤードロジックが採用される。

リンク
関連する用語
マイクロプロセッサー
マイクロプログラム
マイクロコード

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic