通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 医学 > 薬学 > 薬剤 > 名称 > 呼吸器官用薬(22) > 鎮咳剤(222)
ヱフェドリン「ナガヰ」
辞書:科学用語の基礎知識 薬学・一般薬編 (BPHARI)
読み:エフェドリン-ナガイ
外語:EPHEDRINE NAGAI
品詞:商品名

塩酸エフェドリンを成分とする、気管支拡張、沈咳剤。

メーカーは、現在は日医工、かつては大日本住友製薬(旧・大日本製薬)。

目次
薬品の特徴
製品
効果・効能
用法・用量

l‐塩酸エフェドリンとして、1回12.5mg〜25mgを1日1〜3回経口投与する。

なお、年齢、症状により適宜増減する。

成分・添加物

錠剤

成分

添加物

注射液

成分

添加物

散剤(生産中止)

大日本住友製薬の頃には散剤もあったが、現在は生産中止。以下は過去の情報。


成分

添加物
規制区分
薬効薬理

アドレナリン作動性受容体を直接あるいは間接的に刺激し、気管支を拡張させる働きがある。

内用薬として気管支喘息等の咳止め、注射剤としては内服効果に加えて感冒や急/慢性気管支炎、肺結核、上気道炎(咽喉頭炎や鼻カタル)などに伴う咳止め、鼻粘膜の充血や腫脹、脊椎麻酔時の血圧降下などの効能がある。

剤形

錠剤は、白の割線入り素錠。注射液のアンプル内容物は無色透明

錠剤25mg
錠剤25mg

錠剤の瓶
錠剤の瓶

錠剤の瓶の箱
錠剤の瓶の箱

風味等

不明。

名称の由来

ヱフェドリンは主成分の名から。エフェドリンの命名者は麻黄から単離した長井長義である。

ナガヰは、その長井長義から。

注意点
副作用など

全て頻度不明。

過敏症(発疹)や長期連用時の症状(精神症状)が生じた場合は服用を中止すること。

リンク
物質の特徴
エフェドリン類
覚せい剤
覚醒剤
有効成分
塩酸エフェドリン

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic