通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 医学 > 疾病・症状 > 種類別 > ウイルス性
不顕性感染
辞書:科学用語の基礎知識 医学・用語編 (BMEDY)
読み:ふけんせい-かんせん
品詞:さ変名詞

ウイルス等の病原体感染していながら、症状が現われない状態のこと。

概要

症状が出なくても、あるいは症状が出てから回復した後でも、感染は続いている場合がある。この場合、本人に自覚がないのに病原体を媒介することとなり、危険な存在といえる。

サイトメガロウイルス西ナイルウイルス、ポリオウイルスなどのように、不顕性感染が通常の場合がある。この場合は体内にウイルスを保持したまま、同時に終生免疫を持つことになる。感染した本人は人体に影響がないが、第三者へ感染させてしまう可能性はある。

リンク
関連する用語
ウイルス

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic