通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 医学 > 薬学 > 薬剤 > 名称 > 中枢神経系用薬(11) > 全身麻酔剤(111)
亜酸化窒素
辞書:科学用語の基礎知識 薬学・精神薬編 (BPHARM)
読み:あさんかちっそ
外語:Nitrous Oxide
品詞:名詞

一酸化二窒素。分子式N2O。分子量44.01。比重1.53(空気=1)。融点−90.85℃(87.8kPa)、沸点竏88.48℃。臨界温度36.41℃。臨界圧力7.24MPa。CAS番号10024-97-2。

常温では甘味な芳香のある無色の気体。不燃性で、室温では化学的に不活性。但し300℃を超えると熱分解する。

笑気ガスともいい、全身麻酔や鎮痛に使われる。

亜酸化窒素は二酸化炭素(CO2)の100〜300倍(資料によりばらつき多し)の温室効果を持つ温室ガスとしても知られ、農耕地や焼却場、排水処理場などから発生しているとされる。


[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic