通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 医学 > 器具・道具 > 機器・装置 > 人工臓器
人工膵臓
辞書:科学用語の基礎知識 医学・用語編 (BMEDY)
読み:じんこう-すいぞう
外語:artificial pancreas
品詞:名詞

人工臓器のうち、膵臓の働きを代行するもの。

目次
機能

膵臓には色々な機能があるが、現在実現されているのは膵臓のランゲルハンス島(膵島)の一部機能の補助装置である。

これは血液中の葡萄糖濃度を検出し、それに応じてインシュリンを分泌し血糖値を下げる働きをするもので、膵臓機能不全に伴う糖尿病の治療方法の一つとして研究が進められている。

装置

これまで主流のものは、大型であり、ベッドの横に置いて使うベッドサイド型であった。このため、携帯型の人工膵臓あるいは体内埋めこみの人工膵臓の実現が期待された。

現在は、メドトロニック社の開発した携帯型インシュリンポンプ「メドトロニック・ミニメドインスリンポンプ508」が販売中である。

リンク
用語の所属
人工臓器
関連する用語
膵臓
糖尿病
葡萄糖

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic