通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 生物学 > 生物学 > 遺伝学
劣性遺伝
辞書:科学用語の基礎知識 生物学編 (BBBIO)
読み:れっせい-いでん
外語:recessive
品詞:さ変名詞

優先度が低い、弱い遺伝のこと。

目次
概要

大文字Aが優性遺伝子、小文字aが劣性遺伝子とした時、Aa・AAではAが発現する。aが発現するにはaaでないとならない。

Aが発現する確率は3/4つまり75%であり、aが発現する確率は1/4つまり25%である。

特徴
ハツカネズミの例

ハツカネズミの体色は、野生型は灰色、異常型が黄色となる。正常な灰色では、灰色遺伝子(y)を持つ。対し、黄色では、黄色遺伝子(Y)を持っている。

さて、親が共にYyの時、yy・Yy・Yy・YYの四通りがありうる。

このとき、一つでもYがあれば体色は黄色である。しかしこの遺伝子致死遺伝子であり、YYホモの場合は母体内で死亡するため生まれてこない。

この例では、優劣について二種類の考え方ができる。

同じ遺伝子でも、見方により優性にもなり劣性にもなる好例として、よく取り上げられている。

呼称について

優性遺伝という名であるが、遺伝でいう優性・劣性・伴性という語は、遺伝子の強弱を表わすものであり、人間の価値観とは全く関係がない。

例えば、「自分が禿げてるのは家系、親父も祖父も禿げてるから劣性遺伝」などといった用例は、明確な誤用である。

遺伝病との関係

もし小文字aが遺伝病などを引き起こす遺伝子であっても、両親から遺伝しなければ発現しない。従って、発現しにくい遺伝=劣性遺伝、と呼ばれる。

人間の劣性遺伝病は1200種類以上が知られ、その多くは早発型で重篤である。

また、遺伝子の中には、致死遺伝子というのがある。ヘテロの状態では、体のどこかに異常はあっても致命的ではないが、その同じ形の遺伝子をホモで持つと致命的な状態となる。これも劣性遺伝である。

リンク
他の遺伝
優性遺伝
伴性遺伝
関連する用語
遺伝子
近親交配

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic