通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 天文学 > 観測 > 分光観測
吸収線スペクトル
辞書:科学用語の基礎知識 天文学編 (UAST)
読み:きゅうしゅうせんスペクトル
品詞:名詞

分光観測(スペクトル観測)において、特定の波長のの吸収が見られる光のスペクトル

目次
概要

天体など連続スペクトルを放つ光源と、観測者の間に何らかの分子原子があると、それらは特定の波長の光を吸収し励起する反応を示し、この時吸収された波長の光は観測者には届かない。

光は、プリズムで分光するとその光源に応じた光線として見ることができるが、この時吸収された波長は届かないので暗い線として観測される。この暗い線を吸収線または暗線といい、このような線を持つスペクトルを吸収線スペクトルという。

特徴

恒星から発せられる光は、中心部の光球から発せられる連続スペクトルが基本になるが、恒星の大気中にあるガスの分子や原子で吸収が起こる。

このため、地球から恒星などを分光観測した場合、大気中の物質に応じた吸収線が見られる。この吸収線の存在は、フラウンホーファーによって発見されたため、吸収線のことをフラウンホーファー線ともいう。

リンク
関連する用語
連続スペクトル
輝線スペクトル

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic