通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 単位 > 長さ・距離・面積 > 天文
天文単位
辞書:科学用語の基礎知識 天文学編 (UAST)
読み:てんもんたんい
外語:au: astronomy unit
品詞:名詞,長さ助数詞

太陽地球間の平均距離を1とする単位系。単位記号はauを用いる。

目次
概要

天文単位は、国際単位系(SI)によって、正確に次のように再定義されている。

1au=149 597 870 700m

また、天文学で使われる単位パーセクとも関連があり、1auを見込む角度が1秒になる距離が1パーセク(pc)であり、1[pc]=3.26[光年]である。

特徴
定義

auの定義がSIに記載があるとはいえ、これはSI単位系の単位ではない。

ただ、天文学で扱う距離は桁が大きく、SIの単位であるキロメートルを用いていたのでは扱いが不便であるため、そのような宇宙距離を測るためにauがよく用いられているため、SIも、この単位をSIと併用して利用できるとしている。

記号

単位記号は、現在はauである。かつてのSIではフランス語からuaとされ、日常的には、英語で大文字でAUやa.u.といった表記ゆれが多数あった。

のち、国際天文学連合(IAU)の2012(平成24)年8月の決議をもとに、国際度量衡委員会(CIPM)が2014(平成26)年3月にauとすることを決定し、今に至っている。

換算

天文単位を、他の単位に換算すると、次のようになる。

リンク
用語の所属
AU
UA
関連する用語
パーセク
光年

太陽
地球
国際単位系

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic