通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 天文学 > 現象・物質等
宇宙ジェット
辞書:科学用語の基礎知識 天文学編 (UAST)
読み:うちゅうじぇっと
外語:astrophysical jet
品詞:名詞

原始星高密度星などから双方向に吹き出す、細く絞られたプラズマガスの噴流。

目次
概要

重力天体の周辺で生じる様々な天体活動により形成され、それが観測されている。

周囲の物質を貪欲に吸い込むブラックホールでも、周囲につくる降着円盤の両極より宇宙ジェットの放出がしばしば観測される。

特徴
分類

宇宙ジェットの生成は様々な理由によるが、加速機構に着目すると、概ね次の三種類に分けられるという。

磁場による加速

原始星活動銀河核ブラックホールといった様々な天体では、ジェットの根元に中心天体が存在し、その周囲をガスが円盤状に回転しつつ落する降着円盤が形成されている。

落下する物質は周囲を公転する角運動量を持ち降着円盤を作る。その物質は互いの摩擦で高温となり、やがて電離プラズマになる。プラズマが降着円盤として中心天体の周囲を回転することになり、これによって強い磁場が作られる。その磁場と回転により生じる磁気遠心力、あるいは回転によってねじられた磁場が作る磁気圧により、ジェットは加速されるとする説がある。

この説で重要な要素は磁場と回転であり、従って磁場をもって回転するものが降着円盤でなくてもよく、パルサーであったり、ブラックホールそのものであっても同様の現象が生じうる。

リンク
関連する用語
原始星
高密度星
降着円盤

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic