通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 天文学
宇宙飛行士
辞書:科学用語の基礎知識 天文学編 (UAST)
読み:うちゅうひこうし
外語:astronaut
品詞:名詞

ロケットなどにより宇宙へいく人のこと。但し、宇宙飛行士についての定義はない。

目次
初の宇宙飛行士

人類初の宇宙飛行士は旧ソ連のガガーリンである。

女性初の宇宙飛行士も旧ソ連のテレシコワである。

日本人宇宙飛行士

日本人として初めての宇宙飛行士は、テレビ局の記者だった。

以下は、宇宙へ飛んだ飛行士。順序は初飛行順である。

  1. 秋山豊寛 (ソユーズTM-11)
  2. 毛利衛 (エンデバー(STS-47)、エンデバー(STS-99))
  3. 向井千秋 (コロンビア(STS-65)、ディスカバリー(STS-95)、コロンビア(STS-107))
  4. 若田光一 (エンデバー(STS-72)、ディスカバリー(STS-92))
  5. 土井隆雄 (コロンビア(STS-87))
  6. 野口聡一 (ディスカバリー(STS-114))
  7. 星出彰彦 (ディスカバリー(STS-124))

以下は、宇宙へ飛ぶために訓練中の飛行士。50音順。

JAXAの見解

JAXAは、秋山豊寛を宇宙飛行士と認めず、公式には「日本人宇宙飛行士は8人誕生し、うち6人が実際に飛行を経験」とみなしている。

毛利衛の飛行については、「日本人科学者として初めて」「日本人として初めてスペースシャトルに搭乗して宇宙へ」などの表現が多用される。

NASAの見解

NASAは、宇宙飛行士の紹介で、向井千秋については日本人女性初飛行、日本人最初の複数回飛行などを記録しているが、毛利衛については初めてという記述は一切見られない。

リンク
関連する用語
ユーリー・アレクセーヴィッチ・ガガーリン
ワレンチナ・ウラジーミロブナ・テレシコワ

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic