通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 生物学 > 生物 > 機構 > 器官 > 生殖系 > 雄性
尿道球腺液
辞書:科学用語の基礎知識 生物学・器官物質編 (BBORGS)
読み:にょうどう-きゅうせん-えき
外語:Cowper's fluid
品詞:名詞

雄性生殖器である尿道球腺から分泌される液体。俗にカウパー腺液、先走り液という。

目次
概要

性交に際して潤滑材として作用する粘性のある液体。

射精される精液の保護と、陰茎へ挿入を滑らかにする働きがある。

特徴

液性はアルカリ性であり、尿酸性になった尿道を中和する働きもある。

なお、尿道には弁があって膀胱と精巣で経路が分かれているため、精液と尿が混じることは絶対にないようになっている。

リンク
器官の所属
雄性生殖器
関連する器官
尿道球腺
陰茎
関連する用語
精漿
大前庭腺液
性交

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic