通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 生物学 > 生物 > 機構 > 器官 > 排泄系 > 泌尿系 > 尿路・臓器
尿道
辞書:科学用語の基礎知識 生物学・器官名称編 (BBORGN)
読み:にょうどう
外語:urethra
品詞:名詞

尿路の一つで、膀胱外性器を結ぶ管。

目次
概要

膀胱に溜った尿を体外に排出(排尿)するのに使われる泌尿器である。

但し男性では精液を排出(射精)するための管でもあるため、生殖器でもある。

特徴
大きさ

長さは男性で16cm〜20cm程度、女性で3cm〜4cm程度。

直径はおよそ1cm程度だが、太さは女性の方が太い。

筋肉

尿道には括約筋と呼ばれる二種類の筋肉がある。

膀胱の出口には内尿道括約筋(膀胱括約筋)がある。これは自律神経により支配される不随意筋であり、意志で制御することはできない。

尿道を外側から輪状に覆うのが外尿道括約筋で、これは意思で制御できる随意筋である。この筋により、尿意を催しても尿道を塞ぐことで尿を我慢することができる。

粘膜

尿道の内側は粘膜に覆われており、仮に細菌が侵入しても粘膜に絡めとられ、尿とともに流し出されるようになっている。

しかし免疫力が落ちていたりすると、粘膜の隙間から細菌が侵入してしまうことがある。こうして尿道が炎症を起こすと尿道炎、細菌が膀胱まで侵入すると膀胱炎を罹患する。

尿道には雄雌ともに多数の腺が群在し、これを尿道腺という。

雌雄の差

雄性の尿道は膀胱の下端(膀胱頸)にある内尿道口から、陰茎先端の外尿道口に至る。

雌性の尿道も膀胱頸にある内尿道口に始まるが、すぐ膣前庭の外尿道口に至る。

雌性のものは雄性と比べ大幅に短いが、雄性の尿道海綿体部に相当する部分を欠くためである。

リンク
用語の所属
泌尿器
尿路
関連する用語
尿道口
膀胱
尿道腺
尿道球腺
尿
精液
尿道腺液

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic