通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 物質・粒子 > 種類・名称 > 原子・元素 > > 1族 アルカリ金属
自然科学 > 物質・粒子 > 種類・名称 > 原子・元素 > 周期 > 第4周期(19〜36)
自然科学 > 化学 > 法令指定物質 > 危険物の規制に関する政令 > 第三類 自然発火性物質
放射性カリウム
辞書:科学用語の基礎知識 原子元素・名称編中 (NELEMN5)
読み:ほうしゃせいカリウム
外語:radioactive Kalium
品詞:名詞

放射能を持ったカリウム同位体

目次
概要

カリウムの安定同位体はカリウム39(39K)とカリウム41(41K)の二つのみで、それ以外は全て放射性同位体である。

カリウムには24の同位体が存在するが、特に報道で放射性カリウムと言ったときには、次を指す可能性が高い。

特徴

人間など多くの生物はカリウムが必須ミネラルである。

野菜などは地中からカリウムを取り込み、その中に天然の放射性カリウムが含まれるが、それを人は取り込んでいる。

人の体重の0.2%がカリウムで、このうちの0.0117%がカリウム40である。つまり成人には体重1kg当たり2g程度のカリウムがあるとされる。

更に、成人一人当たり約4000ベクレル(Bq)のカリウム40が存在し、一日あたり約50から75ベクレルのカリウム40が摂取されるが、概ね同量が排出される。

体内に在する自然放射能カリウム40の影響は、一説では、一年間に発する放射線量は390μSv、年間の被曝線量は170μSv、といった数字が存在する。

リンク
用語の所属
元素
典型金属元素
アルカリ金属

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic