通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 生物学 > 生物 > 種名 > 真核生物 > 菌界
毒茸
辞書:科学用語の基礎知識 生物名編 (BBN)
読み:どくきのこ
品詞:名詞

有毒ののこと。食べると、体調が悪くなったり死んだりする。

目次
概要

茸は、食用として古くから珍重されているが、同時にを持ったものも多くある。

茸の毒は、少量でも人命に関わるほどの猛毒であることが多く、茸の季節には頻繁に食中毒や死亡事故などのニュースを耳にすることになる。

日本には数千種類の茸が自生するとされているが、そのうち数十種類が毒茸と言われている。

特徴
毒性分

毒茸の毒成分には様々なものがあるため、食べた時の中毒症状も様々である。

下痢・腹痛などの軽い症状で済むものから、幻覚が見える茸、あるいは食べれば間違いなくお迎えが来る猛毒茸もある。蝿には猛毒でも人間にはそれほど強い毒ではないハエトリシメジ(蠅取占地)などもある。

中には「食べ合わせ」で毒となるものもあり、ヒトヨタケ(一夜茸)は酒の分解を阻害する成分(コプリン)を含むため、酒と共に食べると酷く悪酔いし、酒量によっては急性アルコール中毒で死亡する可能性がある。

見分け方

古くから、食用茸と毒茸を見分けるための迷信が様々に存在する。

しかし現実には、食べる等しない限り、毒かどうかを識別する明確な方法はない。

派手な茸は毒と言われることもあるが、地味な毒茸も存在するので、これも明確な方法ではない。

猛毒御三家

日本の猛毒キノコにも様々あるが、特に「猛毒御三家」と呼ばれる茸は次の通り。これを食べて死んだ場合、皆の笑いものになる。

  1. ドクツルタケ

    真っ白で綺麗な茸でマッシュルームと見間違えやすいとされるが、欧米ではDestroying Angel(死の天使)の異名を持つ最強の毒茸。

    人間致死量は数グラムなので、1本だけでも、食べればまず死ぬ。下痢が治まっても内臓が破壊され、概ね24時間以内にお迎えが来る。

    変な臭いがするのが特徴らしい。

  2. シロタマゴテングタケ

    ドクツルタケに似た白い茸だが、柄がつるつるとしているのが特徴。

    毒性もトップクラスで、こちらも概ね食後24時間以内にお迎えが来る。

  3. タマゴテングタケ

    猛毒だが、傘が茶色系であるなど、色合いが上二つと大きく異なる。

    タマゴタケと間違われやすいと言われているが、傘が赤いことが多いタマゴタケとは似てもにつかない。

    中毒症状については上二つと同様で、下痢が治まっても内臓が破壊され、最悪の場合は数日中にお迎えが来る。

一覧

有名な毒茸に、次のようなものがある。

なお、[麻]を附したものはマジックマッシュルームのうち、日本の法律で麻薬と同等の規制を受けているもの。つまり死ぬタイプの毒茸ではなく幻覚が見えるタイプの毒茸ということである。

リンク
用語の所属

関連する用語
マジックマッシュルーム

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic