通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
人文科学・芸術 > 芸術美術 > 視覚芸術・ビジュアルアート > 絵画 >
茶色
辞書:科学用語の基礎知識 生物学・器官用語編 (BBORGY)
読み:ちゃいろ
外語:bwown
品詞:名詞

の一つ。の中間色。褐色。栗の実の色。

目次
概要

茶を染料として用いたときの色をいう。RGBでは、に、その半量程度のを混ぜた色である。

土や木など、自然界に茶色を呈する物が多くあるため、絵の具や色鉛筆などの画材は茶色をあらかじめ用意することが多い。

特徴
褐色

類似色に褐色がある。茶色と褐色の区別は曖昧だが、日焼けの肌は「褐色肌」といい、「茶色肌」とは殆ど言わない。

色調

光の三原色では、R=200、G=100、B=0 (#C86400) 付近の色調が相当する。

ネットの色辞典原色大辞典によると、次のような色調が相当するとのことである。

関連する色

茶色に関連する色(順不同)。

リンク
用語の所属

RGB
関連する用語



[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic