通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
人文科学・芸術 > 芸術美術 > 視覚芸術・ビジュアルアート > 絵画 >
辞書:科学用語の基礎知識 生物学・器官用語編 (BBORGY)
読み:あか
外語:red
品詞:名詞

の一つ。光の三原色の一つであり、日本の伝統的なの七色の一つで最も長波長であるもの。

目次
概要

熟した林檎の皮やイチゴ、あるいは血液のような色をいう。

林檎の皮の色素は光合成に使うアントシアニン、血液の赤はヘモグロビンに由来する。

宝石ガーネットルビーは赤を特徴とする。

暖色とされ、太陽の色の表現方法の一つであり、日本の国旗である日章旗に描かれる赤い丸(日の丸)は太陽を表わす。

特徴
波長

人により差はあるが、概ね波長にして770nm〜640nm程度までが赤とされる。

周辺の波長

赤よりも波長が長い(周波数が小さい)電磁波を赤外線という。これは目に見えないので、色自体は透明である。

赤よりも波長が短く(周波数が大きく)なると、色は、虹の七色においては橙色へと変わっていく。

関連する色

赤に関連する色(順不同)。

補足
日常の色

テレビとビデオなどを繋ぐケーブルのうち、音声ケーブルは「赤と白」である。

固定抵抗器の色帯では、赤は2を意味する。

アルカリ土類金属炎色反応で、ストロンチウム(Sr)は赤を示す。

派生

赤を含む主な用語(順不同)。

赤色色素

タール色素(合成着色料)でよく使われている赤色色素は次の通り。

リンク
用語の所属

RGB
関連する用語
橙色

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic