通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 化学 > 機能・用途分類 > 食品添加物 > 色素・着色料 > フラボノイド系色素 > アントシアニン系
アントシアニン
辞書:科学用語の基礎知識 化学物質名・食品添加物編 (NSUBNFA)
読み:アントシアニン
外語:anthocyanins
品詞:名詞

光合成に使われる三大色素の一つ。太陽光中の、青緑、の光を吸収すため赤色(酸性時)に見える。

ポリフェノールの一種。フラボノイド系色素のうち、アントシアニン系に分類される。

アントシアニンはカロテンクロロフィルと違い水溶性であり、細胞液中に存在する。細胞液のpHにより色が変わり、酸性時は赤色、弱酸性時は紫色になる。

例えば林檎の皮の赤色、葡萄茄子の皮の紫色がアントシアニンの色である。

リンク
用語の所属
天然着色料
ポリフェノール
関連する用語
カロテン
クロロフィル
林檎
葡萄
茄子
光合成

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic