通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 生物学 > 生物 > 機構 > 器官 > 循環系 > 体液 > 血液
ヘモグロビン
辞書:科学用語の基礎知識 生物学編 (BBBIO)
読み:ヘモグロビン
外語:hemoglobin
品詞:名詞

ヘム(を含んだ色素)とグロビン(蛋白質)が結合したもの。

目次
概要

ヒトを含む脊椎動物や、その他動物の血液中に含まれる赤血球中にある蛋白質。

赤血球を赤色たらしめる色素である。

特徴
機能

酸素が多い(酸素分圧が高い)と酸素分子を結合しやすく、酸素が少ない(酸素分圧が低い)状態では酸素分子を放出する性質がある。

この特徴から、で酸素を受け取り、組織へ酸素を供給することができる。

鉄リサイクル

成人では体内に約4gのを持つが、このうち約2/3はヘム鉄として体内を巡り、それ以外は血清や酵素などに使われる他は貯蔵鉄として蓄えられている。

赤血球は約120日程度が寿命で、それを過ぎると脾臓肝臓で処理される。この時生じる鉄は胆汁にはならず再利用(リサイクル)される。

食品として体外から鉄が供給されると、十二指腸小腸から吸収される。しかし鉄の出入りは通常は微量であり、結果として体内の鉄量はあまり変化せずバランスが保たれている。

リンク
用語の所属
HB
関連する用語
赤血球


[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic