通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
人文科学・芸術 > 芸術美術 > 視覚芸術・ビジュアルアート > 絵画 >
辞書:科学用語の基礎知識 生物学・器官用語編 (BBORGY)
読み:くろ
外語:black
品詞:名詞

の一つ。無彩色であり、人間の目が持つ3種類の錐体()全てを一切刺激しない色彩が、黒となる。

目次
概要

墨などの色が本当の意味での黒である。但し日本語の黒は意味が広く、茶色や褐色、濃い灰色なども含まれる。

黒色に見える物体は、全ての可視光線を吸収している。

人間の目に黒く見せるだけなら、赤・緑・青の三原色の全てを無くした状態にするだけでよく、実際にテレビをはじめとした機器は、そのようにして黒を表現している。但し実際はそのままだと周辺の画素の影響で黒く見えないため、コントラストの調整などをして黒を表現している。

特徴

自然界にも、100%の黒色(可視光線を100%乱吸収する物質)は存在しないため、本当の意味での真っ黒は存在しない。科学の世界では、このような実在しない理想的な真っ黒を「黒体」と呼び、仮定の話をする際に用いている。

黒で光沢があると「黒光り」というが、明度(輝度)が上がり灰色に近付くにつれ「銀色」と呼ばれるようになる。

近似色

近似する色に、次のようなものがある。

リンク
用語の所属

関連する用語
灰色


[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic