通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 天文学 > 宇宙構造 > 天球
獣帯
辞書:科学用語の基礎知識 天文学編 (UAST)
読み:じゅうたい
外語:zodiac
品詞:名詞

天球上で太陽水星金星火星木星土星の7惑星(古典的概念における惑星)が通過する帯域のこと。

元のラテン語が「動物の環」を意味することに因る訳語。黄道帯とも。

目次
特徴

黄道を中心に、南北それぞれに8°ないし9°の範囲を取る。

占星術では、これを周方向に12等分し、黄道十二宮として重要視する。

現代の天文学でも、彗星や小惑星が多く見つかる領域であるため、それを狙って多くの観測がされている。

由来

古代のバビロニアやシュメールでは1日を2時間ずつ12の時間に分けていたが、これを獣帯に当てはめて天文時計として使用していた。

この時の12区分にそれぞれ星座の名前を付けたものが、黄道十二宮の始まりとされる。

リンク
関連する用語
黄道十二星座
黄道十二宮

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic