通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 地質学 > 地層 > 地質時代 > 顕生代 > 中生代
白亜紀
辞書:科学用語の基礎知識 地質学編 (NGEO)
読み:はくあき
外語:Cretaceous period
品詞:名詞

地球地質時代のうち、中生代の最後の紀。

目次
概要

約1億4500万年前から約6600万年前までの間とされる。

この地層はヨーロッパ西部に広く見られ、イギリスのドーバー海峡の海崖に見られる白いチョークにちなみ付けられた。

古い時代から順に、多くの期に分けられ、前期・後期で分類される。

特徴
大地と気候

この時代は地球の動きが活発化し、火山活動が増えた。これに伴い南のゴンドワナ大陸が移動、分裂し世界に散らばった。

気候は少し寒冷化する。大きすぎる恐竜は多少減るが、相変わらず恐竜は繁栄を続けた。有名なティラノサウルス、イグアノドン、トリケラトプスなどが繁栄したのはこの頃である。

生物進化

この頃の哺乳類は鼠のような小型のものであったが、徐々に猿風のものも現われた。

陸上植物は白亜紀後期に大きな変異があり、「花」が登場した。この被子植物の離弁花類から、後に単子葉植物と合弁花類が分岐することになる。

生物絶滅

白亜紀末には、それまで大繁栄していた大型爬虫類アンモナイトなどが突如、しかも根こそぎ絶滅した。

その理由については様々な説が考えられているが、大型の隕石によるものではないか、という説が現状有力である。

こうして中生代は終わり、次の新生代が幕を開けることになる。

前後
リンク
関連するリンク
国際年代層序表@Wayback Machine
用語の所属
地質時代
中生代
関連する用語
ジュラ紀
古第三紀

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic