通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 生物学 > 生物 > 機構 > 器官 > 排泄系 > 泌尿系 > 尿路・臓器
腎小体
辞書:科学用語の基礎知識 生物学・器官名称編 (BBORGN)
読み:じん-しょうたい
外語:renal corpuscle
品詞:名詞

腎臓を構成するネフロンの一端で、糸球体ボウマン嚢のこと。

特徴

蛋白質など大きな分子以外の血漿成分を濾過するもので、こうして出来た液体を原尿という。

原尿自体はまだ尿ではない。原尿は、続く尿細管へと送られる。

腎小体と尿細管を合わせてネフロンという。

リンク
用語の所属
泌尿器
腎臓
ネフロン
関連する用語
血液尿関門
尿細管
原尿

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic