通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 生物学 > 生物 > 機構 > 器官 > 循環系 > 体液 > 血液
血小板
辞書:科学用語の基礎知識 生物学編 (BBBIO)
読み:けっしょうばん
外語:platelet
品詞:名詞

血液の中に僅かに含まれる小さな細胞

目次
概要

健康成人の抹消血に10〜40万/μl程度含まれている、直径2μm程度の細胞である。

骨髄で、巨核球と呼ばれる細胞から産生される。

特徴
機能

血小板は、出血を止める(止血)働きをする。

血管に傷が生じた際、傷口に集まり速やかに傷口を塞ぎ、それ以上の出血が起こらないように機能する。血小板が活性化した後に、血漿に含まれる凝固機構が働く。

充分な量の血小板がない場合は止血作用が弱まり、大小様々な出血が多発する。歯肉からの出血や、皮膚の出血斑などが良く見られる出血症状である。

一方、血小板が多すぎても血栓を発生しやすくなるため危険で、心筋梗塞脳梗塞などの原因となる。

検査項目

血液検査における、血小板に関する項目に次のようなものがある。()内は成人における正常値の参考値。

献血・輸血

献血のうち成分献血には「血小板成分献血」が存在する。

血小板数が極めて少なく(血小板減少症)、自然に重度の出血が発生する場合に血小板輸血が実施され、血液凝固力を回復が図られる。

このために成分献血に存在するが、血小板は長期間の保存ができず、最大でも5日間しか保存することが出来ないとされている。

リンク
用語の所属
血液
関連する用語
血漿
血小板数

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic