通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 生物学 > 生物 > 機構 > 器官 > 循環系 > 体液 > 血液
赤血球数
辞書:科学用語の基礎知識 医学・用語編 (BMEDY)
読み:せっけっきゅうすう
外語:RBC: red blood cell count
品詞:名詞

血液検査における調査項目の一つで、血液中に含まれる赤血球の数。

目次
概要

赤血球は血液の機能のうち酸素運搬の働きを担う細胞である。

血中の赤血球が少ないと貧血となるため一定量が必要だが、多すぎ(多血症)ても血液の流れが悪くなり血栓ができるため良くない。一定の範囲内に収まるのが良い。

特徴
検査目的

血液検査では、少なくとも、血色素量ヘマトクリット値などと共に赤血球数を検査する。

これによって、貧血のタイプを判断することができる。

正常値

乳幼児は赤血球数が多いが、年と共に低下し、15歳程度で成人の値となる。

正常値は医療機関により差異があるが、厳しめで次のような範囲とし、その前後に境界域を設けて判断することが多い。

貧血

男女問わず、赤血球数が300万/μlを下回る場合、明らかな貧血と判断される。

貧血の原因は、血液検査の結果から算出される赤血球恒数が使われる。

多血

男女問わず、赤血球数が600万/μlを上回る場合、明らかな多血症(赤血球増多症)と判断される。

血液が濃くなりすぎており、血管が詰まりやすい状態となっている。

リンク
用語の所属
健康診断
血液検査
関連する用語
血色素量
ヘマトクリット値
赤血球恒数

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic