通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 医学 > 疾病・症状 > 種類別 > 薬害・依存・中毒
身体依存
辞書:科学用語の基礎知識 医学・用語編 (BMEDY)
読み:しんたいいそん
品詞:名詞

薬物にある性質で、手が震えるなどして体全体が欲しがる種類の依存性

概要

モルヒネヘロインなどの麻薬催眠鎮静剤(睡眠薬)や抗不安薬、アルコール()などに身体依存が存在する。

鼻づまりを解消する点鼻薬のナファゾリン塩酸塩なども、身体依存があり、連用すると薬なしでは呼吸が困難になるという身もふたもない逆効果がある。

対して、コカイン大麻覚醒剤などには身体依存が殆どないか、あっても僅かしかない。これらの薬物に存在するのは精神依存である。

リンク
用語の所属
依存性
薬物依存
関連する用語
精神依存

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic