通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 食品・調理 > 飲食物 > 飲み物 > > 大洋州 > 日本 > 日本酒
酸度 (日本酒)
辞書:科学用語の基礎知識 化学物質・食品編 (NFOOD)
読み:さんど
品詞:名詞

日本酒に含まれる酸の量を意味し、酒の味の濃淡を見るための尺度の目安。

目次
概要

酸が多いものは「濃醇」、酸が少ないものは「淡麗」という。

日本酒の場合、数十種類の酸が含まれるが、うち琥珀酸林檎酸の二つで8割以上を占めているとされる。

指標は、日本酒10mlに含まれる酸を中和するのに要する10%水酸化ナトリウム溶液の量で表わされる。

数値が大きい(酸度が高い)ほど酸が多く辛口で味が濃い酒となり、小さい(酸度が低い)ほど酸が少なく甘口で薄味の酒となる。

特徴

概ねの風味としては、次のようである。

基準は日本酒度0で、日本酒度がマイナスの場合は酸度が少なめの風味を、日本酒度がプラスの時は酸度が高めの風味を参照のこと。

これは参考で、実際の風味は異なることがある。

リンク
用語の所属
日本酒

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic