通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 生物学 > 生物 > 機構 > 器官 > 循環系 > 体液 > 血液
酸素飽和度
辞書:科学用語の基礎知識 医学・用語編 (BMEDY)
読み:さんそほうわど
品詞:名詞

血液中に酸素がどれだけあるか、という指標の一つ。酸素に結合できる全てのヘモグロビンに対し、実際に酸素が結合しているヘモグロビンの量を比で表わしたもの。

目次
概要

酸素と結合していないヘモグロビン濃度をHbとし、酸素と結合しているヘモグロビン濃度をHbO2とした場合、酸素飽和度(SaO2)は次の式で導かれる。

SaO2 = 100 × (HbO2) / (Hb + HbO2)

上の式から、この結果は0%〜100%の間に必ず収まり、マイナスになったり100%を超えたりすることは決してない。

特徴

安静時でSpO2が95%以上が正常だが、余程のことがない限りは、通常は97%以上を示す。

90%以上95%未満では要注意となり、90%未満では酸素吸入などの対策が必要となる。

呼吸器疾患、多くは閉塞性肺疾患(気管支喘息、COPD)といったもので数値は低下する。

リンク
関連する用語
動脈血酸素飽和度
COPD
血中酸素濃度

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic