通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 化学 > 構造 > 結合
重合
辞書:科学用語の基礎知識 化学編 (NCHEM)
読み:じゅうごう
品詞:さ変名詞

ある元となる分子があり、それが複数個連なり、より巨大な化合物を生ずる反応のこと。

目次
概要

例えば、エチレンが重合してポリエチレン、プロピレンが重合してポリプロピレンを作る。

このうち、1分子の状態を単量体(モノマー)といい、これから作られる物質を重合体(ポリマー)と呼ぶ。

特徴

重合反応を開始させるための物質を「重合開始剤」、重合しないよう反応を防止するための物質を「重合防止剤」という。

モノマーとして市販されている物質には、勝手に重合しないように重合防止剤が添加されている。従って重合させるためには、蒸留や洗浄をし、この重合防止剤を取り除く必要がある。

リンク
関連する用語
モノマー
ポリマー
重合防止剤

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic