通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 化学 > 有機物 > 炭化水素 > 鎖式炭化水素 > アルケン
エチレン
辞書:科学用語の基礎知識 化学物質編 (NSUB)
読み:エチレン
外語:ethylene
品詞:名詞

直鎖状アルケンの一。合成化学原料となる。

目次
物質の情報

分子式C2H4。構造式CH2=CH2分子量28.0。沸点竏104℃(101.3kPa)、融点竏169.2℃。CAS番号74-85-1。ICSC番号0475。

引火点竏136℃、発火点520℃、爆発限界は2.7〜36.0vol%(空気中)である。

IUPAC名はethene(エテン)であり、ethylene(エチレン)は慣用名として扱われる。

常温常圧では独特の甘いにおいのする無色の気体。

不飽和度は1。

製法

工業的には、エタンを熱分解、あるいは石油留分(ナフサ重油)を熱分解して得る。

物質の特徴
用途

主要な用途として、次のような物質の原料となり、また原体で果実の成熟にも用いられる。

危険性

可燃性で、引火点も低く、また常温常圧下では気体であるため危険性が高い。その上、爆発下限界が低いため爆発の危険性も高い。

高温高圧下では分解爆発する。

運搬時の流動などにより静電気が発生し、その放電火花によって爆発する危険性がある。

安全性

慢性毒性変異原性も含め、特に問題となる毒性は報告されていない。

但し高濃度では空気中の酸素の欠乏を起こし、窒息を招く恐れがある。また液化エチレンが多量に皮膚に付着した場合は凍傷を生ずる。

リンク
関連するリンク
ICSC 国際化学物質安全性カード
MSDS: エチレン
用語の所属
不飽和炭化水素
この物質から作られる物質
アセトアルデヒド
エタノール
マスタードガス
関連する用語
二重結合
sp2軌道

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic