通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 物質・粒子 > 用語 > 同位体・原子力 > 発電 > 原子炉 > 冷却材による分類
重水炉
辞書:科学用語の基礎知識 電力編 (NPOW)
読み:じゅうすいろ
外語:HWR: Heavy Water Reactor
品詞:名詞

原子炉のタイプの一つで、減速材による分類の一つ。減速材に重水を使うもの。

目次
概要

重水は軽水と比較し中性子吸収が少ないため、重水炉では天然ウランを燃料に用いることができるメリットがある。

冷却材には、重水を使うタイプと軽水を使うタイプがある。

特徴

カナダで開発されたもので、カナダやインドに多い。

日本でも、転換炉「ふげん」が重水炉である。

リンク
用語の所属
原子炉
関連する用語
重水
減速材
冷却材

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic