通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 化学 > 機能・用途分類 > 食品添加物 > 色素・着色料 > 合成着色料 > タール色素 > 青色
自然科学 > 化学 > 機能・用途分類 > 食品添加物 > 色素・着色料 > 合成着色料 > 構造による分類 > トリフェニルメタン色素
青色1号
辞書:科学用語の基礎知識 化学物質名・食品添加物編 (NSUBNFA)
読み:あおいろ-いちごう
外語:B-1: Blue No.1
品詞:名詞

合成着色料(タール色素)の一。トリフェニルメタン系酸性染料。ブリリアントブルーFCF(Brilliant Blue FCF)などとも呼ばれる。

目次
物質の情報

分子式C37H34N2Na2O9S3分子量792.85。CAS番号2650-18-2、3844-45-9。

常温常圧乾燥下では金属光沢を有する赤紫色の粒または粉末で、無臭。

青色1号
青色1号

物質の特徴

発がん性があるとして国によっては禁止されているが、実際には発がん性はない。日本では使用を禁止されていない。

食品や医薬品の着色、化粧品、入浴剤の着色などに多く使われている。

毒性

ラットの経口LD50(半数致死量)は2g/kg体重以上

人間の推定致死量は200g〜300g程度と見られる。

安全性

FAO/WHOは一日許容摂取量(ADI)を0〜12.5mg/kg体重/日に設定している。

発がん性、変異原性催畸形性は確認されていない。


動物実験

ラットへの皮下注射により、注射部位で線維肉腫が確認されたとする報告あり。

但しこの肉腫は、皮下注射を継続して行なったことによるものであり、物質の毒性とは無関係と判明している。

リンク
関連するリンク
http://www.eiken.city.yokohama.jp/food_inf/data/Additive_back/iro_08.html
http://www.kiriya-chem.co.jp/syokuyou/chem-2.html#chem-10
http://inchem.org/documents/iarc/vol16/brilliantbluefcf.html
物質の特徴
合成着色料
タール色素
関連する用語
発がん性
医薬品
化粧品

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic