通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 電気 > 弱電(電子回路) > 部品 > 論理素子 > トランジスタ > IC(集積回路) > 74シリーズ
74541
辞書:科学用語の基礎知識 半導体商品名編 (INIC)
読み:ななよん-ごーよんいち
外語:74541
品詞:名詞

74シリーズの一つ。高速CMOS版の74HC541などがある。別名「Octal 3-State Non-Inverting Buffer/Line Driver/Line Receiver」。8回路の信号線ドライバー。但しフリップフロップではない。

目次
特徴

20ピンICである。端子はVCC/GNDの他は、データ入力A0〜A7と、信号出力Y0〜Y7、そして2本の出力イネーブル端子OE1、OE2がある。

74541端子接続図
74541端子接続図

動作

74541ロジックダイアグラム
74541ロジックダイアグラム

OE1とOE2は内部で否定論理和(NOR)されており、その結果がHの場合(OE1=OE2=Lの場合)に、信号が出力される。

つまり、データ入力A0〜A7にデータを入れた後、OE1とOE2の両方をLにすると、A0〜A7の内容がY0〜Y7に出力される。それ以外の状況では出力はハイインピーダンス(Hi-z)になる。

用途

現在は8255などのPIOが入手困難になってきたため、その代替の選択候補の一つである。

これは一方向のみだが、特にINポートに適する。

例えばCPUのデータバスD0〜D7を74273のY0〜Y7に繋ぎ、読みたいICやDIP-SW等を74273のA0〜A7に繋いで、OE1にCPUのリード信号( ̄(RD)など)、OE2にチップセレクト信号を繋ぐだけで良い。

ちなみにOE1・OE2がアクティブ・ロー(負論理)なのは、CPUのリード信号やチップセレクト信号が一般にアクティブ・ロー(負論理)だからであり、そのような環境で使いやすいように設計されているためと思われる。

リンク
用語の所属
74シリーズ
関連するパーツ
8255
74273
フリップフロップ
関連する用語
アクティブ・ロー
チップセレクト信号
否定論理和
VCC
GND

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic