通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 半導体 > 集積回路 > MPU > 種類・製品 > ARM系 > Apple
Apple A6
辞書:科学用語の基礎知識 中央演算処理装置商品名編 (INCPU)
読み:アップル-エイスィックス
外語:Apple A6
品詞:商品名

AppleiPhone 5で採用されたマイクロプロセッサー

目次
概要

Appleが、iPhone 5のために設計したSoC(System-on Chip)である。CPUのほか、GPUやDRAMがオンダイで搭載されている。Apple製品専用として作られており、チップ単体での販売はされていない。

プロセスルールが32nmとなり、Apple A5と比して約22%小型化された。

A4と同様にサムスン電子の32nm世代で製造されている。

解析では、A6チップの原価は、推定で13ドル程度とされる。

後継は、第4世代iPadで採用されたApple A6Xである。

特徴
採用機種

次の機種で採用されている。

仕様

ARMアーキテクチャのCPUに、各種の周辺を組み合わせている。

ARMv7s

命令セットはApple A5までのARMv7-A(Cortex-A9相当)に加えて、ARM Cortex-A5/A7/A15で対応するVFPv4を含んでおり、「ARMv7s」と呼ばれているらしい。

リンク
用語の所属
A6
関連する用語
Apple
Apple A5
Apple A6X

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic