通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 半導体 > 集積回路 > MPU > 種類・製品 > x86系 > AMD
Athlon XP
辞書:科学用語の基礎知識 中央演算処理装置商品名x86編 (INCPU86)
読み:アスロン-エックスピー
外語:Athlon XP
品詞:商品名

AMDの開発した、RISCアーキテクチャーベースIntel互換マイクロプロセッサーのひとつ。AMDの第7世代x86互換プロセッサーAthlonの後継。マイクロアーキテクチャーにQuantiSpeedアーキテクチャを採用し、従来のAthlonと比較し、同クロック比で約10%の性能向上を果たした。

2001(平成13)年10月9日発表。開発コードネームはPalomino(パロミノ)である。発表の翌年、2002(平成14)年6月からは後継コアである開発コードネームThoroughbred(サラブレッド)コアに交代した。そして2003(平成15)年には高性能パソコン用のBarton(バートン)と廉価パソコン用のThorton(ソートン)コアに交代した。後継のAthlon XP登場後は "Paris"(パリ)コアに移行してAthlon 64のバリュー版化されSempronとして提供が開始された。

Athlon XPは、同時期に出荷されていたノートパソコン向けCPUであるMobile Athlon 4のデスクトップ用ともいえる立場の製品で、従来のEnhanced 3DNow!にIntel SSE互換機能を付けた3DNow! Professionalに対応した。

Athlon XPの "XP" は、Windows XP環境でeXtreme Performance(極めて優れた性能)を発揮するため、付けられたとされている。

ちなみにAthlon XP 2700+の最大消費電力は68.5Wだそうである。

リンク
用語の所属
AMD
XP
採用技術
3DNow! Professional
EV6バス
QuantiSpeedアーキテクチャ
関連製品
Athlon
Athlon XP-M
Sempron
関連する技術用語
Palomino
Thoroughbred
Barton
Thorton

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic