通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 半導体 > 集積回路 > MPU > 種類・製品 > x86系 > AMD
Duron
辞書:科学用語の基礎知識 中央演算処理装置商品名x86編 (INCPU86)
読み:デュロン
外語:Duron
品詞:商品名

AMD製の廉価版Athlonの商品名。開発コードネームはSpitfire(スピットファイア)。FSB 200MHzで、1次キャッシュ128Kiバイト、2次キャッシュ64Kiバイトを内蔵していた。

初期版(Duron Model 3)ではSpitfireコアが使われていたが、2001年第2四半期からはMorgan(モーガン)コアが採用され1GHz以上を達成した後継版(Duron Model 7)に移行、さらに2002(平成14)年第1四半期にはAthlon XPのコアThoroughbredと同じく0.13μmルールで製造されたApplebred(アップルブレッド)コアが採用の後継版(Duron Model 8)に移行している。

Duronの語源はラテン語の "durare"(継続する)と、ユニットを表わす "-on" で、直訳で "持ちこたえる装置" という意味になる。低価格で長寿命の商品の意であり、AMD曰く「信頼性や安定性が連想できる名称を心がけた」とされている。

リンク
メーカー
AMD
関連する技術用語
Spitfire
Morgan
Applebred
キャッシュ
2次キャッシュ
関連製品
Mobile Duron
Athlon
Sempron

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic