通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 半導体 > 集積回路 > MPU > 動作・機能・技術 > x86系 > 命令セット
FMA4
辞書:科学用語の基礎知識 中央演算処理装置用語x86編 (IYCP86)
読み:エフエムエイ-フォー
外語:FMA4: four-operand Fused Multiply/Add
品詞:名詞

オペランドが4つあるFMA(積和演算)命令で、特にx86に搭載されている命令セットの一部をいう。

目次
概要

元々は、IntelIntel AVXで導入を予定していた命令の一部であった。

しかし、命令長が長くなること、そして命令デコーダーが肥大化することを懸念し、最終的に不採用として3オペランドFMA(FMA3)を実装した。

これに対してAMDは、SSE5をキャンセルしてIntel AVXを採用するのにあわせ、このIntelが不採用とした4オペランドFMAを採用することにした(その代わりFMA3の実装は次の製品に持ち越し)。

オペコードはAMDが独自に確保するのではなく、当初予定されていたIntelのそれと完全に同じものが使われており、将来FMA4をIntelが実装することがあっても困ることは無いと思われる。

特徴
VEX

VEXを使っての符号化でのみ動作する命令である。

VEX.L=1で、ymmおよびm256命令にできる命令が多い。

またすべての命令について、VEX.Wフィールドで、オペランド3とオペランド4の機能を入れ替えることができる。

符号

66 0F 3A xx /r /is4相当の機械語をVEX符号化したものを使う。

ModR/Mに続いて/is4があるのが特徴で、このバイトの上位4ビットでもう一つのXMMレジスターを指定できる。

機能の有無判別

EAX=80000000HでCPUID命令を実行し、返却値EAXの最上位ビットが1となる拡張CPUID対応環境で、かつEAX=80000001HでCPUIDを実行した結果得られたECXレジスターのビット16が1のとき、FMA4に対応している。

Intelでは対応製品がない。AMDはBulldozer以降で対応する。

命令
リンク
用語の所属
Intel AVX
関連する用語
FMA3

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic